還ろう生命の源へ~

産土・等々力の自然

等々力渓谷

都内屈指のパワースポット、都会のオアシスとして親しまれている等々力渓谷は、世田谷の南部に位置し、武蔵野台地の南端を矢沢川が侵食してできた、延長約1キロ、23区内で唯一の渓谷です。

 

駅近いゴルフ橋のたもとの階段を降りると、緑豊かな木々が茂り、矢沢川のせせらぎの音と野鳥の声が響き、夏でもひんやりとした渓谷のいたるところから水の湧き出る別世界が待っています。

私はこの渓谷周辺で生まれ育ちました。

 

この辺りは戦前一面の田畑だった地、戦中戦後の都市化の波は田畑を呑み込み宅地に変え、渓谷に流れ入るまでの矢沢川も一時は家庭排水のための「溝」と化していました。幸運なことに、渓谷は急斜地のため宅地開発を逃れて自然生態系が残されていました。しかし、私が少女時代を過ごした昭和の後半には、開発により、悪臭漂い汚染の溜まるか細い流れへと変身していました。自然は人災によりいともたやすく滅んでしまいます。かつて遊んだ豊かな渓流を取り戻そうと、戦前を知る地元の有志らで昭和50年代に発足した「等々力渓谷保存会」の長期的な環境浄化・保存活動が、自然を愛し守る区民の共感を呼び、現在の自然生態系を生かし、湧水あふれる緑の渓谷へと繋いでいます。

 

篤農家大平農園

産土の等々力には、400年11代に渡り農業を続けておられる大平農園があります。

 

農園主大平美和子さんのお父様は、戦後の食糧難時代、食料増産と技術向上の研究会のリーダーをつとめられ、戦後まもなく、「今こそ農家が働くときだ、人を助けるのは農民なのだから」と明治神宮をお借りし、近県の農家に呼びかけ農作物の奉納と品評会を始めました。それが現在の明治神宮新嘗祭の農林水産祭に発展しました。

 

お父様は日本で初めてハウス栽培を始めた方です。ビニールハウスは量産には適した栽培方法ですが、一方で害虫も増えてしまうという弊害があり、研究の過程で、ハウス内で農薬を散布していたご主人は具合が悪くなり、お父様も不幸にも若くして病気で亡くなられたとき、ご一家は農薬の影響と思いました。

 

その反省から50年前、「自然へ還ろう、昔は農薬など一切使わなかったのだから」というお母様の一言から、農園は有機農法への取り組みを始め、試行錯誤しながら、現在の農薬や化学肥料を一切使わずに立派な野菜をつくる方法を編み出されました。

大平さんの敷地に近づくと、大きな神社かと見間違うほどの圧倒的な樹木に驚かされます。美和子さんが心を込めて手入れする生命あふれる樹木からは、秋にはたくさんの落葉があり、落ち葉を積み重ねた腐葉土はふわふわの苗床の土になります。

 

堆肥には、落ち葉や、枝、伐採した庭木などを用い、かつて虫をよく食べるカエルの池をつくったり、天敵を配置し、自然の生き物のあいだで、食うものと食われるものがバランスする循環をうまく利用して、有機栽培をしています。城南小松菜、トマト、長ねぎ、どじょうインゲンなどは種を自家採種して育てています。トマトは原種に近いオレンジ色のトロピックという種を育てています。

年々食の安全への意識が高まる中、会員制の消費団体若葉会、固定ファンやボランティアの方々により、農園の運営は支えられています。

 

「食料を足らすのは農民の使命」と戦後の復興に尽力し、増産を篤く研究されたお父様の志を受け継ぎつつも、次世代の美和子さんたちは、自然生態系を生かして栽培する安全な有機野菜に農のあるべき姿を追求し、半世紀にわたり産土の等々力で地産地消の実践をされています。


神々に守られる産土の地

等々力不動

等々力不動は、真言宗中興の祖・覚鑁の夢のお告げにより、平安後期に開かれたと言われています。ある時、役行者作の不動像が夢の中に現れ、関東に霊地があることを告げました。やがて像を背負って関東に入ると、夢と同じ渓谷があり、杖で岩をうがつと、豊かな滝が流れ出ました。そこに不動明王像を安置したのが等々力不動の始まりと言われています。都内屈指のパワースポット等々力渓谷に隣接し、境内は豊かな自然に癒される憩いの場となっています。覚鑁と言えば、弘法大師空海が開いた高野山の腐敗を嘆き、堕落した僧界の現状を恥じる壮絶な自戒の経文「末文:我皆相代わって悉く懺悔したてる、更にまたその報いを受けしめたまわざれ」を残したことで有名です。厳しいお姿に化身して、人々の懺悔改心を促す不動明王に私たちの未来を託されているよう感じます。

 

 

九品仏浄真寺

 

産土の地には、吉良氏築城の奥沢城址に開山された九品仏浄真寺があります。9体の阿弥陀如来像を完成させた高僧珂碩上人が、徳川4代将軍綱吉に廃城となった奥沢の地を賜り、土塁の残る城址に9体の像を安置し、浄土宗浄真寺を開山しました。

 

私たちが、浄化されてゆく過程を三つに分類した九体阿弥陀如来像は、日本には京都の浄瑠璃寺と浄真寺のみで見られることから有名ですが、ご本尊の釈迦如来の放つ浄化のパワーに私は圧倒されます。

 

36千坪の境内は、新緑の時期、お花見の時期、紅葉の時期、それぞれの表情を持って出迎えてくれ、都会の喧騒とは縁遠い落ち着きを感じさせてくれます。都内にあって、近年まで開発から逃れていた産土の地域、守られていることを実感し、感謝しています。

 


2017年輝け太陽の子どもたち

2017年新年あけましておめでとうございます。

 

太陽の子どもたちのひとり一人が輝いてゆく時代が到来しています。

 

~内側から満ち足りて~あるがままに自然体で輝いてゆきましょう。

 

 宇宙家族を信じ、気遣い、支え、成長を喜び合いましょう。

 

潜在意識と繋がる

 

大自然の中に身をおき、ただゆったりと呼吸を行うだけで、自分が自然と調和して一体化するような感覚になりませんか。大自然の息吹に触れながら、無心で風や川の流れのように、自然体でありのままの自分を意識することはとても大切です。ゆったりと腹式呼吸を繰り返し行うことで、脳に酸素がたくさん送られ、脳波はα派を示しリラックスした瞑想状態になり、潜在意識と繋がりやすくなります。

 

時には大自然に遍在する情報を受け取り、自分の秘められた無限の可能性を感じてみましょう。


自然と調和した感覚と意識を大切にしましょう。

潜在意識と顕在意識

誰もが自分の中ではっきり自できる在意識にし、心のうちに秘められた人類に共通した深層心理を潜在意識と呼びます。潜在意識は無限の可能性を秘めた宇宙にがる意識そのものです。


私たちの
潜在意識がの松果体とがり、在意識は下垂体とがり、互いに波動共鳴し合うことで、小宇宙としての無限の可能性を揮します。人間のきはセントしか揮されていないと言われているのは、松果体と下垂体の波動共鳴回路が正しく作用していないためで、この回路を正しくかせるには、意識して在意識が抱える既成概念、思いみを解放するプロセスが必要となります。このプロセスは既成の価値観崩壊を伴い、ときには心と体へ影響することもありますが、すべてが必要な過程ですのでバランスを取りながら自ら乗り越えてゆくことができます。

 

すなおに潜在意識に呼びかけ、日々着実に話を深めてゆきましょう。

 

私たちの潜在意識と在意識が一体連携することで飛躍的な成長進化がおとずれます。
では、
飛躍的に成長進化するとはどのような化がおきることを言うのでしょうか。潜在意識と在意識が共鳴し合うようになると、在意識を保持したまま働ける内面の意識世界が広がってゆくでしょう。


潜在意識に呼びかけ日々
話を深めてゆくことで、自分の可能性が飛躍的にがってゆくのを感できるでしょう。

 

真の母性を求める

真の母性とは、無条件、無意識に生きとし生けるものたちへのはぐくみ意識に内面が満たされるありかたを言います。自我なく、生命の循環が永遠に続く、人でいえば新しい生命を胎内ではぐくむ母なる無償の愛の如くただ在る、ありかたです。


私たちの遺伝子情報には、生まれながらにして新しい生命を胎内ではぐくむ母なる無償の愛のありかたが備わっています。
実際に母となって新しい生命を胎内に宿すか否かにかかわらず、愛する対象をひたすらに愛でる体験をとおして誰でも無償の愛のありかたを実感できますね。

 

風が、光が、豊かな水が緑をはぐくむ循環の中に身をゆだねれば、生命の循環の中に生かされ、満たされ、共鳴するありかたに気づきます。

真の母性を求めれば、備わっているありかたに気づき、意識することで自然に共鳴できるのです。
自分自身の内面に真の母性を甦らせてゆきましょう。

 

 

真の母性を求めて

私たちは、親になることによって新しい生命をはぐくむ恩恵を与えられています。

 

親となって内側から愛する喜びに満たされ、自然に愛の主体となり、次世代を無償の愛ではぐくむことができます。

 

私たちの意識は、実体験をとおして宇宙の縮図として愛の人格を形成するための成長過程をらせん状に歩んでいます。親として愛する歓びを経験し、親として成長することで、自分の生に関わってくださった両親へ子どもとして心から感謝し、そしてその両親をはぐくんでくださった祖父母に子孫として心から感謝し、これまで受け継がれてきた悠久なる生命のリレーに思いを馳せ、すべての親なる存在への感謝に満たされるのです。

すべてを愛し、すべてに感謝しましょう。

 

私たちが守るもの

人間の身体の約7割が水であり、その汚染から様々な影響が及んでいます。 特にお母さんの胎内の羊水の汚染は生命の育みに大きく影響します。


汚染の原因には、環境ホルモンや重金属、有害化学物質が食物という形で母体に入ることが知られていますが、身の回りの環境圏における生活上のストレスも原因のひとつとなります。


ストレスの強い仕事、災害、死別、離婚などの人生経験は自然流産のリスクを増大し、地震や内戦下では早産、低出生体重児が増えるといわれています。

 

ストレスを感じると、ストレスホルモンの一つであるコルチゾールが分泌され、放出状態が慢性的に続くと体に悪い影響を及ぼし、赤ちゃんの胎動や心拍も減るというデータがあります。 胎盤にはブロック機能があり、通常、胎児に簡単にストレスホルモンが伝わらない仕組みが働きますが、胎盤が未熟だったり、うまく機能しないと、胎児に伝わることになります。胎児のコルチゾールが増えると、神経系の発達に影響すると考えられています。

 

お母さんたちが安らかに生まれてくる子どもを育めるような環境づくりが、真の母性に求められることを意識しましょう。


 

感動の閾値

この地球に生を受け、体のアンテナをとおして感じるすべてが新鮮だったころ、私たちはどんな感動を味わっていたのでしょう。見るもの聞くもの触れるもの味わうものすべては大自然に偏在する愛と調和の賜物でした。生まれたばかりの私は、最も身近な愛・親の母性の愛に生かされていました。身近な家族の感動に共感しながら人としての感情をはぐくんできました。

 

今成長した私がすっくと立ち、太陽の恩恵に共感し、宇宙家族としての感動の原点を味わうとき、感動の閾値(いきち・感動をひきおこすための最小から最大の刺激圏)の幅が飛躍的に拡がったことを実感するでしょう。

原点に還り調和した感動を発信してゆきましょう。

 

真の母性

「母なるガイアの育みの愛」はすべての生命を育む、「真の母性の原点」です。

 

真の母性とは、無条件、無意識に生きとし生けるものたちへのはぐくみ意識に内面が満たされるありかたを言います。自我なく、生命の循環が永遠に続く、人でいえば新しい生命を胎内ではぐくむ母なる無償の愛の如くただ在る、ありかたです。

ちいさな公の木のプログラム

宇宙意識に立つ私たちをイメージするとき、ロシアの民芸品「マトリョーシカ人形」を思い浮かべると分かりやすいかもしれません。


私たち一人ひとりは、大いなる宇宙の中で、一体調和した、ちいさな宇宙という存在であり、どんなにちいさく幼い私たちであっても、自然と調和した真性を中心に宿して、大いなる宇宙の一部として「公の木=ちいさなマトリョーシカ」として生かされていることに気づきますね。

また、ちいさな私「公の木=ちいさなマトリョーシカ」の体内の中心には、もうひとつの「マトリョーシカ」が実体の有無にかかわらず、常に宿っていて、どのちいさなマトリョーシカも大いなる宇宙の愛と等しく共鳴し、愛と歓びを奏でる真性を輝かせながら、時空を超えて存るのです。


私たちは、「ちいさな公の木」としての気づきと責任意識を立てることで、全体の集合意識の進化に貢献してゆくことができます。

ちなみに、「マトリョーシカ人形」のルーツは、19世紀の日本の細工人形「入れ子人形」だといいます。

どんなめでたい神様のなかにも、共通のありがたい真性が宿っていて、その真性と共鳴することで、私たちの日々の生活も愛と歓びに溢れたものになる。日本の精神文化が、古くから国を超えて愛される所以は、森羅万象に八百万神 (やおよろずのかみ)の発現を認める、宇宙意識につながる精神性が貫かれているからなのですね。