人間性の復興

この度の未曽有の災害体験をとおして、私たち人間は自然の前に無力であることに多くの方が気づかれたのではないでしょうか。私たちは母なる地球にはぐくまれながら共存していることへの感謝と認識を新たにし、今こそ自然との調和、自然回帰、人間性の回復とは何かを誰もが一人から真剣に考える機会が訪れています。

 

人間性の回復とは、母なる地球を生きた生命体と認識する視点から見つめ直していくことから始まります。水と空気と光は、自然界から与えられた地球上の生命への恵みであり、生命はぐくむ源です。
これらが汚染されることが環境破壊の始まりであり、マザーグレースでは、様々な環境問題の原因は天災ではなく、人間性の欠落、モラルの低下が引き起こした人災であるという視点から環境問題を扱っています。

 

技術への過信、経済的合理性追求への偏重、縦割化されそれぞれ想定内の範囲しか責任を持たない者たちの仕組み、原発事故が引き起こした深刻な諸問題に直面し、心痛めている私たちでありますが、今こそ見失ってしまった本質に気づき、一丸となって軌道修正できる好機でもあります。

 

地球は有限なのです。

これ以上自然界にない物質を用い、母なる地球を汚すのは止めましょう。

汚染されてしまった水、空気、土の叫びが聞こえませんか?

 

はぐくみの母体地球の懐にもどりましょう。

 

お母さん、お父さん、私を生んでくださり、ありがとうございました。

あたたかな両親のはぐくみの懐から放れ、穢してしまった意識に自分も加担し、消費経済を謳歌してきました。

 

生まれ育った原点にもどり、自分の心の内側から復興を願っていきたいと思います。