学びのとき

私たちが、原子力(核)をめぐるさまざまな事象に対して、考えたくもなかったり「回避」、挑戦的であったり「過覚醒」するのは、私たちの心の状態が、過去の傷(心に刻まれた戦いのトラウマ)を乗り越えるところまで成長していないからなのです。

 

今、「再考」、「新たな適応」の好機が訪れています。

 

与えられた試練を恵みと受け取り、真性に導かれるまま、学びを深めて行きましょう。