罪悪感と自律意識

自分の罪悪感に反作用が働くとき、作用の強さはその人の責任意識の強さに比例し、深い禊の状態を経験することになります。そのときこそ謙虚に悔い改めることのできる絶好の機会なのです。

 

なぜ、反作用がときには自分自身を破壊するほどの強さで跳ね返ってくるのか・・・静かに考えてみましょう。

自分が超えることができる罪悪感について、想像できる範囲まで自我(エゴ)の領域を拡大してみてください。宇宙意識に立つ私たちの自我(エゴ)の規模が拡がれば、超えていくことのできる罪の領域も宇宙的に拡大していくことに気がつきませんか?

 

そうです。少しずつでも着実に責任意識を拡げて、厭わず、惜しみなく未来に貢献していきましょう。