はぐくみプログラム

「はぐくみプログラム」とは、自分と、縁あって自分のまわりにいる人たちの真性をはぐくむための意識の成長プログラムです。

 

「はぐくみプログラム」の第1ステップは自分を信じ、愛することからはじまります。

 

赤ちゃんは誰でも自分を信じ愛しています。

誰でも陰りも穢れもない「真性」のままこの世に誕生します。

 

いつのころからか、人は「真性」ではない自分の意識を体験するようになります。

 

例えば、ちいさな子どもが、あなたの知らない間に隠れてお菓子をたくさん食べていたとします。

 

あなたがお母さんならどうしますか?

 

「悪い子ね!黙ってそんなに食べて」と叱りますか?

 

既に子どもは、「お菓子をたくさん食べる」という行為がお母さんに認められないとわかっているから隠れて食べているのです。子どもの知恵が発達してくると、このような場面にしばしば遭遇します。虫歯になるから。太ってほしくないから。・・・お母さん側にはさまざまな理由があるかもしれません。しかしその事情がわかるほどには子どもはまだ成長していないのです。

 

お菓子を食べたくなるのは子どもの真性です。

お菓子をたくさん食べさせたくないのは親の事情です。

 

子どもは「お母さんから認められない」自分を分離します。お母さんから愛されない自分を認められないからです。そこには「罪の意識」が発生します。
お母さんから隠れて食べたくなる自分は悪い子です。子どもはその悪い子の自分を無意識のうちに分離し、罰します。

 

このように「真性」ではない自分とは、親との関係性において生まれるゆがみなのです。

 

では、この場合どうしたら子どもの「真性」をはぐくむことができると思いますか?

 

あなたがお母さんならば、こう言ってハグしてあげてください。

 

「お菓子をたくさん食べたくなるのは悪いことじゃないの。でもお母さんにはお菓子をたくさん食べてほしくない理由があるのよ。だから「食べ過ぎないで」と言っていたの。あなたがもっと大きくなったらきっと分かるように説明するわ。

でも今はもう、隠れて食べなくてよいのよ。 お母さんは大好きな❍❍ちゃんにいつでも美味しいものをたくさん食べて幸せでいてもらいたいのだから」。

 

あなたがかつての子どもだったのなら、自分をハグする意識で、こう自分自身に言ってあげてください。

 

「誰も悪くないのに、みんなあなたを愛しているのに、あるとき幼さゆえにあなたは自分の「真性」を「罪」だと思いこんでしまいました。そのゆがみを回復できるのも自分自身の意識次第なのです。

ちいさな誤解とゆがみをリセットして、自分の真性を信じ、自分を愛するところからもう一度スタートしましょう!」と。